にゃんこ生活

ペルシャのコタとロシアンブルーのシン、アビロシmixのハチ、フェレットのピコが繰り広げるユニークで楽しいストーリー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チャーがやって来て2匹に

昨日の続き

モモが家にやって来ても、お母しゃんの猫嫌いは
変わりませんでした。

モモもそんなお母しゃんの気持ちが分かっていたのか
お母しゃんには近寄りません。

もちろんお父しゃんは大変かわいがっていました。

モモがやって来て約2週間後
世間ではG.Wだったため、モモを連れ函館に帰省しました。
そのとき、ある出来事がありました。
突然知人が海岸で死にかけていた子猫を連れてやって来たのです。
まだ生後1週間未満で、目も開いていません。
それが今のチャーです。

聞くところによると、
段ボールの中には5匹の子猫がいたそうです。
唯一生きていたのがチャーだけだったのです。

お母しゃんはとりあえず猫用の粉ミルクを買って来て
ストローで口の中にミルクを入れてあげました。
そして温かくして・・・。
その当時、猫の育て方なんてよく分かっていなかったし
慌てましたが、なんとかチャーに元気になって欲しくて必死でした。
もちろん猫嫌いとか言ってる場合でもなく・・・。
そんなことも忘れていました。

しかしそのとき、まだ子猫のモモが
チャーを介抱してくれたのです。


モモ02
この写真はチャーが6か月くらいになったときのものです。
モモは9か月。すっかり母親気分のようでした。


お父しゃんとお母しゃんは、知人からチャーを譲り受け
札幌へ連れ帰ってきました。
こうしてあっという間に
我が家のにゃんこは2匹となったのです。

明日へ続く・・・
(まだ引っ張りまーす)


モモちゃん大好き!!
ポチッと一押しよろしくお願いします。

↓   ↓   ↓
もうひとつポチっとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

| モモ | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
素敵な写真ですねっ!
チャーしゃんにそんな過去があったとは・・・(ToT)ウルウル
兄弟たちの分ももっともっと長生きしてくれるといいですね。

| あやぞっ | 2008/09/26 11:23 | URL |

この写真とても素敵です♪
1歳にもなっていないモモちゃんが立派なお母さんに見えますよ~
「この子は私が守ります」って感じがヒシヒシと伝わってきます(^^)v
そっか…チャーしゃんとはそんな悲しい出会いだったんですね
生きて幸せになることが出来なかった可哀想な兄弟の分も
チャーしゃん、う~~んと長生きしなきゃね!

| ナナのママ | 2008/09/26 13:50 | URL |

チャーくんとの出会いも衝撃的だったんですねっ
私がうみと出会ったように...
モモちゃんがチャーくんを抱っこしてるぅ
和みますね~良いですね~


| こまち | 2008/09/26 17:15 | URL |

チャーしゃんが、仔猫だあ~っ!(いまさら驚きっ)
かわゆーい!
あたりまえですよね、誰でも仔猫の時はある。。。(笑)
そっかぁ、モモちゃんって、チャーしゃんを
育ててくれたのね。。。(なんか、しみじみ…)
すっかりお母さんの顔をしてるモモちゃんが、いとしい…なあ☆
続きを楽しみに待ってま~す☆

| しじめ | 2008/09/26 20:53 | URL |

↓の記事とあわせて読ませて頂きました。
チャーちゃん、5兄弟の中でただ1人生きてくれた子だったんですね。
小さいチャーちゃんをまだ仔猫のモモちゃんが・・・。
チャーちゃん、もっともっと長生きして欲しい、そう思います。
きっとモモちゃんも見守ってくれてますね。

| barai | 2008/09/26 21:23 | URL | ≫ EDIT

わぁ~!
チャーしゃんが子猫だぁ!
お利口な長老にもこんな甘えん坊な子猫時代があったんですねぇ。
あたりまえか・・・
でもモモちゃんも子猫なのにちゃんとお姉ちゃんしてますね。
すごいなぁ~

| ちりめん兎 | 2008/09/26 23:02 | URL |

最初は猫が苦手だったのですね~
なんだかいろいろな運命感じますね。
チャーしゃんもそんな出会いだったとは。。
あんな小さい頃があって、かわいい~
他の子たちの分も生きる力を託されてきたのでしょうね

| ぶりはま | 2008/09/27 00:48 | URL |

コメントをいただいた皆様へ

チャーしゃんとの出会いは衝撃的でした。
人見知りもせず(逆に人間大好き)、
この歳になるまで病気一つせず、性格もおだやかで、
優等生のようないい子です。
つくづく生きるために生まれてきたにゃんこだと思ってしまいます。
モモとチャーはとっても仲がよく、いつも二人くっついて眠っていましたよ。
チャーと出会った時、
モモが自分の体温でチャーをあっためてくれたから
チャーは生きることができたんだと思います。

| モモ大好き | 2008/09/27 20:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://18731873.blog25.fc2.com/tb.php/151-bc3fa154

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。