にゃんこ生活

ペルシャのコタとロシアンブルーのシン、アビロシmixのハチ、フェレットのピコが繰り広げるユニークで楽しいストーリー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己嫌悪&いろいろあった日

今、かなり落ち込んでます。

今日は昨日の出来事をダラダラと
書き綴っていきたいと思います。

時間のある方、読んでください。


昨日はコタローの診察の日。
でも、最近のコタローは調子が良かったので
病院に行くにも、気楽に行ってきました。

でも、朝からチャーが、またごはんを食べなくなったので
昨日はチャーも一緒に病院でした。
そのためシンノスケが生まれて初めての
ひとりでの留守番となりました。

超甘えん坊の性格なので、一人にして出かけるのは
とっても気が引けましたが、仕方ありません。


IMG_1313.jpg
病院の待合室が混んでいたのでお外で待機してたときのコタローです。
ふたをおでこで押し開けようとしているところ。
変な顔になってます。


IMG_1314.jpg
こちらはチャーしゃん。
長老だけあっておとなしく待ってました。


その後、チャーしゃんは輸液をしてもらいました。
そして先生と今後のコタローの診察について
いろいろと話をしました。

コタローの今の状態からすると
やっぱり膀胱の伸縮機能の衰えが原因であると推測。
結石のせいではないとの判断がくだされました。
(検査をしたわけではないので、あくまでも推測です)

そのためもう通院しなくてもいいそうです。
膀胱にゴルフボール分のおしっこがたまっている
状態であっても、今のコタローにとっては
それが今のベストだということなんです。

先生に衰えた膀胱の伸縮機能は回復するんですかと
質問してみました。

50:50だそうです。
このまま膀胱が破裂しそうなくらいバンバンになることが
なければ、回復する可能性があるとのことです。

今後は、より食事療法で結石を無くす努力をしながら
おしっこが出なくなるという最悪な状態を
回避していかなければなりません。

そして先生に聞かれました。

「ところで今日は
コタローに輸液をしていくかい?」



一瞬、私は悩みました。
先週は輸液後、一時おしっこが出なくなり
お父しゃんのハンドマッサージにより、緊急事態を
免れたのです。


でも


1.最近のコタローは調子がいい。

2.膀胱の伸縮機能が回復する可能性がある。

3.もう、通院しなくてもいい。


一瞬悩みましたが、
いつもの半分の量の輸液
お願いすることにしました。


本当にコタローの調子がいいのなら大丈夫だろう・・・と
私も何か確信めいたものが欲しかったのだろうと思います。


そして会社に戻る途中、コインランドリーに寄りました。
なぜならシンノスケが、お母しゃんの
布団(掛・敷)、布団カバーにおしっこをたっぷりと
してしまったからです。布団にしたのは初めてでした。

IMG_1315.jpg
ここは22kgまで入る大型のコインランドリーがあるので
全部一気に洗うことができます。
ついでにお父しゃんの掛け布団も洗いたかったので
2台利用し、洗いました。


その後、一旦会社に戻り、チャーとコタローを
会社に置き、また洗濯物を取りにコインランドリーへ。

乾燥も終わり、すっかりフカフカできれいな布団に
なりました。

そして、私は会社に戻り、仕事に没頭。

仕事が終わったのは夜の9:00でした。


しかし


その時点でコタローがおしっこをしていなかったのです。

一人で留守番をさせているシンノスケも心配だったし、
とにかく急いで家に戻りました。

家のトイレなら、コタローも安心して
おしっこをしてくれるだろうとも考えてました。

家に戻ると、案の定、甘えん坊のシンノスケは
相当一人でいたことが寂しかったのか
いつも以上に甘えてきました。

とにかくシンノスケを落ち着かせなだめ、
コタローをトイレへ・・・。



出ません



IMG_1317.jpg
トイレで格闘した後のコタロー。
踏ん張り過ぎて疲れてぐったりしています。
まだ、出ません。


IMG_1319.jpg
シンノスケも安心したのか、ぐったりです。



IMG_1321.jpg
チャーは、夜ごはんも食べずにぐったりです。
(今日の朝は、少し食べれました)



夜の10:00頃、動物病院の留守電にメッセージを
残しました。

でも連絡は無

コタローが嘔吐し始めたので
夜中の12:30にも、再度電話をし留守電に
メッセージを残しました。

でも連絡は無


結局、朝まで
おしっこは出なかったのです。



コタローの膀胱は人間の拳くらいの大きさに
バンバンになってしまいました。


コタローの膀胱の伸縮機能の回復が
遠のいてしまいました。


そして、今日
朝9:00前に動物病院に連れていきました。

今日の夕方4:00過ぎに電話をしてみて
コタローの状態が良ければ当日退院できるそう。

でも、悪ければ・・・?


昨日輸液をするべきではなかった。
自己嫌悪に陥ってます。


コタローの退院についてと、その後の経過に
ついては明日報告できると思います。


ダラダラと書いた長文を最後まで読んでいただき
ありがとうございました。


せっかく訪れていただいている皆様のところにも
訪問する元気も無く、申し訳ありません。



3にゃんたちが喜びます。
ポチッと一押しよろしくお願いします。


スポンサーサイト

| コタロー | 14:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

お医者さんの判断だったんですからっ!
自己嫌悪なんて、おちいっちゃ、ダメですっ!
ふぁいとっ!
コタしゃんが帰宅できてることを祈って。。。

| しじめ | 2008/07/19 20:05 | URL |

No title

大丈夫ですか?
コタちゃんがおしっこをしない事に気がついてから
動物病院に連れて行くまでの間、どんなに長く感じられ、不安で心配されたかと思うと、、、本当に辛かったですね。
コタちゃん、どうだったのかな?
状態が良くなって退院されている事を祈っています。
コタちゃんの事を一生懸命思った結果なのですから、自分を責めすぎないで下さいね。

| mao | 2008/07/20 00:14 | URL |

No title

私は専門知識も無いし、いいアドバイスも浮かびません・・・
何と言っていいのかわかりませんが、
でも自分を責めないでくださいね。
と言っても今は心配ですよね。
コタしゃんが早く元気になる事をお祈りします!
訪問なんてっ!今は3ニャンのそばにいてあげて下さい!

| ちりめん兎 | 2008/07/20 00:20 | URL |

No title

こんにちは。
コタローちゃん、心配ですね。
でも、自己嫌悪はしなくていいと思います。
獣医さんの判断なのだし、コタローちゃんの状態だったら、私も輸液をお願いしたと思います。
コタローちゃんの回復を願っています。

| あやぞっ | 2008/07/20 11:20 | URL |

コメントをいただいた皆様へ

コタローへの応援コメントありがとうございました。
無事にコタローは昨日退院しました。
今は元気にしてます。私も元気にしてます。
退院については、今日のブログで報告しますね。

| モモ大好き | 2008/07/20 14:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://18731873.blog25.fc2.com/tb.php/92-b80857d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。